刺し子について

刺し子は重ね合わせて、刺し縫いすることをいいます。
明治以前は庶民の衣類は麻でした。その大切な麻布を丈夫に、そして

暖かいものにするために施されたのが刺し子の始まりです。

やがて明治になり、木綿が普及するようになりましたが、まだまだ貴重品でした。

新しいうちは晴れ着として、着古して作業着となり、布が傷んでくれば布を当て、

上から刺し子を施して長く大切に使ったのです。

木綿はなめらかな布面のため、針が自由に動き、工夫次第で模様を変化させることができ、

数多くの美しい模様が生まれました。

刺し子の図案は長い間に洗練され、美しく完成されて今に受け継がれています。

昔の人が作った刺し子は、物の大切さ、やさしさ、そして力強さを思い起こさせてくれます。

刺し子の図案はキルトにも応用できますし、

また外国で生まれたキルトの模様も刺し子に使うこともできます。

この本では伝統的な文様を中心に図案を選びましたが、

デザインのヒントは身の回りに沢山あります。

使う目的を考えて、図案やデザインを選びましょう。

和洋折衷に生活様式も変わり、喧噪的で無機質な現代の暮らしの中に、

伝統的な刺し子の美しさを生かしてはいかがでしょう。

刺し子は難しい技術もいらず、糸と針で縫うだけです。

あなたも作る喜びを感じてみませんか。

日本ヴォーグ社『ヴォーグ基礎シリーズ 新刺し子』より